2013年02月19日

ACH - Advanced Combat Helmet

今回はこの間なぜか買ってしまったACH(Advanced Combat Helmet)の実物について紹介したいと思います。

141装備につかうMICHは持っているし、今はやりのOps-Coreでもないという。



某国内ショップから2万円程度で購入。実物であることを鑑みれば安い?

さて、このように置いてあるとFGの塗装のせいもあり正に「石」の様ですね。
表面はかなりざらつく砥粒がまぶしてあり、肌こすったら擦り剥けそうです。

重さも1.5kgほどと、手にもつとレプリカに慣れた身としてはずっしり感じます。

ちなみにサイズはミディアム。
被ってみて日本人にはラージが人気というのがよくわかります。
頭回り小さめの私でぴったりですので、普通の方にはラージをおすすめします。




信頼(笑)のGentex製。リコール対象品ではない模様。ケブラーの模様が見える。


MICH2000と見た目ほぼ変わりませんがそれもそのはず。
特殊部隊に支給されていたMICHの一般部隊向けということで名前は違えど特に違いはないのだとか。


実物と言うことで気になる耐弾性はレベルIII-A。
サブマシンガンから発射される拳銃弾程度は阻止できるようです。
まぁ試す機会もないし試したくもないですが...




こんなに分厚い取説が付属する。ちゃんと読む人はいるのだろうか...


レプリカとの比較。
レプリカはMICH2000モデルでラージサイズ。


けっこう大きさが違う。レプリカの方が外殻が薄い分さらに広いのかも。



ヘルメットには予めNVマウント用の穴が空いている。


NVマウントを付けない時はボルトで塞ぎなさいよ、と説明書には書いてあるがボルトは別売りだそうだw
ストラップタイプのNVマウントでも買おうかなぁ。



通常のH型ハーネス。ズレると評判だが、レプリカに比べればぜんぜん気にならなかった。


そのうちOps-CoreのOccDialに取り替えたいかも...



少しびっくりしたのはパッド一枚一枚にも品番が書いてあること。さすが官給品。


パッドはレプリカと違いなんとなーく低反発な素材。
このパッドのおかげか被るとしっかり安定し、重さをあまり感じない。


と、こんな感じです。

もともとのFGの色を生かすとしたら141冬迷彩とかになりますかね。
そうなるとジャケットも塗らないといけないですね。。。


なぜ買った、というのが自分自身本音ですが、実物ということもあり満足度は高い一品です。








同じカテゴリー(装備)の記事画像
MSA Sordin 実物
DETONATOR G18C用 G17メタルスライド。
Blackhawk! Serpa CQC Tactical Holster。
G18C近況など。
東京マルイ G18C ガスブローバック レビュー
装備更新。
同じカテゴリー(装備)の記事
 MSA Sordin 実物 (2013-02-20 15:10)
 DETONATOR G18C用 G17メタルスライド。 (2012-01-09 14:16)
 Blackhawk! Serpa CQC Tactical Holster。 (2012-01-04 19:12)
 G18C近況など。 (2011-12-22 16:03)
 東京マルイ G18C ガスブローバック レビュー (2011-09-11 15:18)
 装備更新。 (2011-09-10 14:56)

Posted by iiyamaline  at 20:59 │Comments(0)装備

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。