2012年01月09日

DETONATOR G18C用 G17メタルスライド。

ついにMW2仕様のG18が完成いたしました!



CoD:MW2に登場するG18はスライドがG17の物となっているため、おそらくG17をフルオート発射できるように改造したものだと思われます。


ということで再現のため組み込んだのは、DETONATOR製 東京マルイG18C対応G17タイプメタルスライドです。

かなり気合いの入った箱に入ってきます。お値段2万円ほど...


中はこのような感じです。高級文具みたいな感じでちゃんと収まっています。仕上がり、加工精度ともに非常にいいですね。前評判通り期待できます。

内容は
・スライド
・アウターバレル
・小パーツ類一式
となっております。


取り付け方法を記した説明書は入ってこないので別途Web及び東京マルイの純正部品図を見ながら分解/組み立てを行います。

私は下記のページを参考にさせていただきました。m(_ _)m

黄金の幼き牡鹿
マルイ グロック18C メタルスライド化
マルイ グロック18C 組み立て

エンテン株式会社
G17/34 Auto セレクター組み込み説明書


ということで分解/組み付けはすっ飛ばしてレビューをw


トップ画像の通りですがスライド左側面にセレクターはなく、刻印"G17"となっており見た目は完全にODフレームのG17です。




もちろんスライドはフル/セミオート切換え可能なG18Cのメカニズムに対応しており、操作はスライド内のパーツによって行います。このため戦闘(ゲーム)中に簡単に切り替えることは出来なくなります。

ということであまり明確なメリットはありませんが、強いて言えば
・近年流行のグロックカービン、特にHeraarms製のキットを組み込む際にセレクターが干渉しなくなる
・一部ホルスター、とくにSafariland系などのホルスターとセレクターが干渉しなくなる
の2点でしょう。一般の方には通常のG18Cタイプのスライドをおすすめしますw


さて、外観を見ていきましょう。


スライトエジェクションポート付近です。(クリックして拡大)


純正ではモールドだったエキストラクターが別パーツで再現されています。
もちろんスライドとアウターバレルのシリアル番号は同じ物が刻印されています。
また小さなGlockマークがエキストラクター下とアウターバレルに刻印されています。


アウターバレル。(クリックして拡大)


9×19の刻印がしっかり入っています。また写真では確認しにくいですが、CNC加工による切削痕を見て取ることができ、精度の高い加工を伺わせます。



アイアンサイト。
付属しないので純正品を流用します。ホワイトドットをリアサイトに追加してMW2仕様を再現しています。




さて、使用感ですが擦り合わせもなくポン付けでちゃんと動きます。この辺は非常にありがたいですね。

メタルスライドなので質量感があります。
実際に組み込んだ銃を持つと想像以上にずしりと重さを感じます。

スライドの質量がアップするのでリコイルも若干上がりますが、ブローバックスピードが低下するため純正スライド時と比べてそこまで大幅にアップする訳ではないようです。

ブローバックスピードが低下するため、純正時ほどのブローバックのキレは期待できなくなりますが、それでも十分の動作性があるのはやはり東京マルイ性エンジンのおかげでしょうか。
もちろんフルオート時のレートもそれなりに低下しますが、個人的にはこのぐらいでも全く問題を感じません。

気に入っている点はスライドを動かしたときの音が金属的になった点です。
「チャキっ」「カシャっ」といった音がするので弄ってて非常に楽しくなります。


実際に組み込み前/後で比較動画を撮ったので参考にしてみてください。
組み込み前



組み込み後



フルオート時のレートを下げたくない方はLaylax製のリコイルスプリングや軽量ピストンを導入すれば純正時と同等、もしくはそれ以上のレートを得ることが可能かと思われます。

リコイルスプリングは純正と同等を含め3段階でブローバック距離を調整できるもので、おそらく一番短く設定した場合はスライドストップがかからないでしょう。
フェザーウェイトピストンは純正の亜鉛合金製よりかなり軽量で、メタルスライドの重量増加分をほぼヘッジできるので効果が高いと思われます。




さて、ということでやっとMW2仕様のG18が完成しました!スケルコ氏と同じレシピですかね?
しかしメタルスライドは高かった...G18本体より高い...


でもこれでMW2装備再現がまた一歩進みました!
よろしければぜひコメントよろしくおねがいします!






同じカテゴリー(装備)の記事画像
MSA Sordin 実物
ACH - Advanced Combat Helmet
Blackhawk! Serpa CQC Tactical Holster。
G18C近況など。
東京マルイ G18C ガスブローバック レビュー
装備更新。
同じカテゴリー(装備)の記事
 MSA Sordin 実物 (2013-02-20 15:10)
 ACH - Advanced Combat Helmet (2013-02-19 20:59)
 Blackhawk! Serpa CQC Tactical Holster。 (2012-01-04 19:12)
 G18C近況など。 (2011-12-22 16:03)
 東京マルイ G18C ガスブローバック レビュー (2011-09-11 15:18)
 装備更新。 (2011-09-10 14:56)

Posted by iiyamaline  at 14:16 │Comments(4)装備

この記事へのコメント
ビューリホー……

やりましたね、おめでとうございます!


いいなー・・・・・・加工できるってうらやましい……
Posted by ラセットラセット at 2012年01月10日 13:09
>ラセット さん
ありがとうございます^^


そこまで加工というほどのことは必要ありませんでしたよ。
スライド内部の分解が出来れば組み付けは出来ます。
自分の場合擦り合わせも不要でした!ドライバー1本あればなんとかいけます。
Posted by iiyamalineiiyamaline at 2012年01月10日 14:48
内部の分解……できない……

エアガンのカラクリは未知の領域です……

リンク先のページを見てもさっぱりですorz
Posted by ラセットラセット at 2012年01月23日 09:28
>ラセット さん
返信遅れて申し訳ありません。
自分もいままで幾らかエアガンをだめにしてますからー(^^;
組み込み代行なども考えてみてはいかがでしょうか。
Posted by iiyamaline at 2012年02月26日 18:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。